HOME » 【引退発表】岩本昌樹/「“強い浦安”の復活と愛されるクラブ。後輩たちにはこの両輪を目指してほしい」

【引退発表】岩本昌樹/「“強い浦安”の復活と愛されるクラブ。後輩たちにはこの両輪を目指してほしい」

■思い出深い2試合の記憶


 ファンサポーターのみなさま、いつもバルドラール浦安を支えていただきまして、ありがとうございます。私、岩本昌樹は2017-18シーズン限りでの現役引退を決断しました。大卒2年目に本格的にフットサルを始めてから、約20年。十分過ぎるほど第一線での現役生活を長くやらせていただきました。バルドラール浦安では若手選手も育ってきましたし、チームの新陳代謝も必要です。前身のPREDATOR URAYASU F.C.(以下、プレデター)を塩谷竜生社長たちと立ち上げてから、今年で20周年という節目の年でもあります。キリの良い数字でもありますから、現役引退を決めたことに悔いはありません。今後のチームにはすごく期待しています。

 20年前にプレデターを立ち上げた頃、練習場は民間の施設や学校の体育館を借りる形で転々としていました。都内や埼玉県内で練習をすることもありました。今でこそ浦安市総合体育館を拠点に活動していますが、日々の練習はまさに“ジプシー生活”。でもフットサルをプレーする上でそうした環境は当たり前でしたから、不満はなく、そういう状況が当たり前だと思ってやってきました。フットサルで生計を立てることも難しかったですが、そうした苦労を打ち消すような情熱を持っていましたし、なんとかしてフットサルの環境を変えようという志を持ちながらプレーしてきました。

 今でこそ全国リーグであるFリーグが創設から11年目を迎え、注目度も高まりましたが、僕がフットサルを始めてからはオフィシャルではない自主的に運営していたスーパーリーグなどができました。関東の有力チームが集結し、各クラブの上層部がスポンサーを募り、「いつかは全国リーグを作ろう」という志で頑張ってきました。そうして僕が31歳の時にFリーグが開幕しました。Fリーグの開幕は僕たちの志が一つの形になった瞬間でした。

 現役引退を決めた今、忘れらない試合が二つあります。一つはプレデターが初めて日本一に輝いた2006年の全日本選手権決勝です。当時の選手権はフットサルの大会の中で最も注目度が高く、メジャーな大会だったため、プレデターが最も力を入れていた大会でした。僕はグロインペインを抱えながらグループステージは短い出場時間にとどまったものの、決勝では2ゴールを決めることができました。

 2点とも鮮明に記憶に残っています。1点目はサイドで縦パスを受けてからニア上に決めた形。2点目は直接FKを決めました。ちなみに先制点は現在の高橋健介監督。塩谷社長たちとプレデターを立ち上げてから、選手権の優勝は日本一をずっと目指してきた中で、一番大きな目標を達成した瞬間でした。すごくうれしかったことを覚えています。ちなみに塩谷さんも泣いていましたよ。

 もう一つは、Fリーグ2年目(2008-09シーズン)の代々木セントラルでの名古屋オーシャンズ戦。当時、名古屋が首位で浦安は2位。その“首位攻防決戦”に約7,000人のお客さんが詰め掛ける中、4-3で浦安が勝ちました。フットサルをたくさんの人に見てもらいたいという思いを抱えながらプレーしてきた身としては、7,000人ものお客さんが見に来てくれたという状況を作り出せたことが記憶に残っています。お金を払って試合会場まで見に来る価値があると思った人が7,000人もいた。そう思ってもらえたことがすごくうれしかったです。

■ファンサポーターあっての岩本昌樹


 今振り返っても、フットサルを始めた頃は42歳まで現役を続けるとは想像もしていませんでした。31歳でFリーグが開幕して、「いつまでやる」とは決めていませんでしたから。フットサルという競技自体の魅力ですか? 小さい頃からボールを蹴ること自体が好きでしたし、フットサルはボールに触る機会も多いです。またフットサルは環境が整っていなかったからこそ、仲間やチームで戦術面や環境面を作り上げていくことができるのも面白かったですね。それは今も変わらないことですが、環境を変えていきたいという思いを抱きながらプレーしていましたし、勝つために自分たちでチームを作り上げていく、環境を構築していく。そういったこともフットサルをプレーする意味につながっていました。

 スクールなどで子どもたちに教えていると、思うことがあります。子どもたちが今後もフットサルを続けていきたいとなった時に、彼らのプレーする環境が整っていないとなると、申し訳が立ちません。自分が環境で苦労しているぶん、もっと良い環境でプレーしてほしいと思います。僕は引退したあともフットサルに携わり、普及活動に力を入れていこうと思っています。選手をやりながらではどうしても時間に制限が生まれる部分があるので、ある程度自由が利く中でフットサルの環境を良くする活動に尽力したいと思っています。

 例えば、仕事をしながらプレーをするのではなく、プレーだけに専念できる環境を整えることができれば、5年、6年と現役を長く続けられた選手がいたかもしれません。ただ現役を続けるだけでは意味はありませんが、長く続けないと生まれない価値・意味もあります。今の選手たちには現役を長く続けることで自分の価値を高めてほしいです。まだまだフットサルを取り巻く環境面で、もどかしいことがあるからこそ、後輩やあとに続く子どもたちのためにも環境を整えていきたいと思っています。急激にガラッとは変えられないので、地道に変えていきたいですね。

 ファンサポーターの方々には感謝しています。応援してくれる方がいないとチームは成立しません。またファンサポーターの存在があるからこそ、選手の価値があるんです。ファンサポーターあってのチーム。ファンサポーターあっての選手ですからね。試合中の声援はもちろん聞こえていますよ。昔からいる選手だからファンサポーター方々の僕に対する思い入れも強いのでしょう。僕もみなさんが応援してくれるのと同じぐらいファンサポーターへの愛着があります。

 選手とファンサポーターの距離感の近さもフットサルの魅力ですよね。フットサルの場合はスクールやクリニックなどで実際にファンサポーターと接する機会があります。普段接している様子がファンサポーターの方々の応援の姿勢に表れると思っています。メディアがあれば、メディアを通じて選手たちのことを知ることができますが、フットサルはメディアの数も少ないです。そのため、試合会場以外でファンの方々と接することで応援をしてもらう環境を作ることが大事だとずっと思ってきました。だからと言って、接する時に特別なことを意識しているわけではありません。そんなに構えて接しているわけではないですし、クリニックで一緒にボールを蹴ることと同じ感覚で接してきました。

 ここまで長くプレーできたのも、応援してくれるファンサポーターの方々がいたからです。みなさんの支えと応援があってこそ、今の岩本昌樹がいます。すごく感謝しています。現役を退いたあとは、フットサルの世界からまったく離れるわけではありません。これからは違った形でここまで応援していただいた恩返しをしていきたいと思っています。

■後輩たちへ託すクラブの未来


 引退試合については仲の良い選手を呼んで、Fリーグの前座試合ぐらいでいいかなと。それぐらいの規模感がいいかなと個人的にはそう思っています。ただ引退を決めたとはいえ、まだ実感がありません。普段と変わらず練習に取り組めています。でも最後の大会である全日本選手権になると、さすがに実感が湧いてくるのかもしれません。高橋健介監督にとっても最後の大会ですし、このメンバーで戦えるのも全日本選手権が最後。チーム全員の思いを背負って戦います。

 そして全日本選手権はフットサルプレーヤー・岩本昌樹として臨む最後の公式大会です。これまで支えてくれたファンサポーターのためにも、選手権で良い結果を残して最後は笑って終わりたいですし、少しでも僕のプレーする姿を目に焼き付けてほしいと思っています。難しいことではありますが、現役最後の大会である全日本選手権を優勝で終われれば最高です。そのためにもチームメートと力を合わせて全力を尽くします。

 あらためてになりますが、ファンサポーターのみなさま、これまで熱い声援で支えてくれたことに感謝しています。僕がクラブの創設から携わってきたバルドラール浦安は、自分にとっての“家”でした。そしてチームメートが家族です。後輩たちに伝えたいことは、僕が愛した浦安がもう一度、“強い浦安”と言われるほど、強固なチームを作り上げてほしいということ。その上で応援されるクラブ、愛されるクラブになってほしい。“強い浦安”の復活と愛されるクラブ。この両輪を目指してほしいです。それは若い選手に託します。もちろん、セグンドや下部組織を含めて、このチーム、クラブに関わる全スタッフ、選手に期待しています。


【プロフィール】
岩本 昌樹(いわもと・まさき)
1976年1月5日生まれ、42歳。千葉県千葉市出身。ポジションはアラ。バルドラール浦安の前身であるPREDATOR URAYASU F.C.のチーム創設から携わる浦安の“バンディエラ”。2017-18シーズン限りでの現役引退を決断した。

コメント一覧

  • にっしー 2018-02-23 20:02:11

    岩本選手、フットサルの現役生活、お疲れ様です。
    Fリーグでいうと浦安の最初の数年の黄金時代や岡山監督時代のプレーオフ、そしてあと1分で
    決勝を逃したシーズン以外はなかなかつらいことが多かったように推測します。

    それでも、他チームもおそらく認める、スペインリーガーのはしりにして、
    未だ日本随一の華麗なドリブルに期待が高まってしまう浦安の元祖プリンスは
    今年の写真ですら輝きを放っています。フットサルナビが創刊された
    2002年付近から、ずっと雑誌のビジュアルを飾っては、
    常にドリブル特集の先頭でファーストオプションであったことは
    想像に難くない岩本選手が引退することは、実に日本フットサルの損失かもしれません。
    とはいえ、いまだプロに専念しきれない選手が多い中で、30代を境に、
    浦安の勝利の歌やラス・ボニの地域リーグカップ優勝でもタオル回しで思い出す、
    DFの名手平塚選手他、Fリーグ創設初期の日本人得点王経験者、稲田選手他、
    Fリーガーの前に、家族等を考慮して惜しまれつつ去っていった選手は
    数多いはず。個人的には高橋監督すら心配していたほどです。
    とはいえ、浦安にまつわる関係者やフットサルにまつわる皆様のおかげで、
    42歳まで華やかなプレーで私たちを魅了してきてくれました。
    本当は、東日本大震災の前の整理計画の中にあった、民間企業管理の
    東京ベイNKホールの跡地に、オーシャンアリーナ的なものでいいから、
    2007年から起算して10年以上、改装なら6億円、新築ならオーシャンアリーナでいうと
    50億円以上くらいかかりそうな新スタジアムを建てて、何とか東のフットサルのメッカ的な
    スタジアムでプレーしてほしかったですが、現状の浦安の震災以降の問題を考えれば、
    まずは困っている市民の生活の向上から、地域産業や企業の誘致による活性化があっての
    スタジアムの話と考え、しばらく保留しています。

    ただ、そんな苦境からでもできることは、プリメーロ米川監督時代に話をしていた、
    「どこよりも赤いサポーターが多い浦安」の実現に全力投球してきました。
    そのために、20年以上かけてフットサルの環境を整えてきた岩本選手世代以降の
    選手に敬意を表しつつ、現代のサッカー日本代表のように、本田選手・賀川選手世代
    以降の、W杯4強以上の位置を目指すような選手や人材を輩出できるよう、
    10年以上、熱き情熱とお金または労力や、応援メッセージや動画での応援など、
    あらゆる形でチームや浦安や地元に傾けることで、
    味方が付いてくれる可能性は十分です。
    試合のユニフォームのかなり高額のメインスポンサーのアジア系企業とて、
    それまでの浦安にまつわる皆様の努力を買ってのこととみています。

    試合を見ていてつらいことはありますが、1日で変わることはないと思います。
    どこかの誰かのささやかな努力がきっかけで、継続していた努力の先や、
    逆の見方などで一気に世界が変わることだって、ことチームスポーツはあり得ます。
    プロや代表、海外移籍のチャンスがあれば、迷わず飛び込んでは、
    浦安に帰ってきて還元してほしいです。まずは海外と日本を往復し、
    ピンチや鹿島以来の3冠獲得に貢献した、ガンバの得点の中心を担ってきている
    宇佐美選手タイプや、レンタル移籍からのし上がった、新生ガンバの10番の
    倉田選手タイプの登場をバルドラール浦安の後の世代に望みます。

    そうはいっても、Fリーグ創設時から10年少々。Jリーグの20年を思えばまだ半分。
    いよいよ日本代表はW杯に現実に挑んでは、2002年当時では信じられない、
    アジアの最強国扱いだったイランとライバル関係の称号を得ました。
    そんな現状で、フットサルはまだ50歳でプロとして満足にプレーできる環境にはまだないかも
    しれません。とはいえ、岩本選手がもしこの先もプレデターからバルドラールを含め、
    今後もチームに情熱と愛情をもって環境改善や普及・育成を続けてくれるくらいの、
    皆様、あるいは誰かの頑張りを感じてくれたら、きっと予想より早く実現に近づけるはずです。
    現役選手でなくなっても、家族でお子さんを抱えながら挨拶してホッとするシーンや、
    フットサルの指導者や公式解説者など、いくらでも再登場していただける形はあると思います。

    浦安の本家プリンスの選手に復帰してほしい気持ちはやまやまですが、
    ひとまずは、プリンスのDNAを引き継いでいただける浦安の顔となる
    選手を募集しては応援を続けることにします。

    引退試合については、前座もいいですが、プロ野球のように1試合登録で、
    シーズン初めのホームゲームで1分出場で花束、引退セレモニーを行いつつ、
    物足りないくらい企画が浮かんだら、前座または関係ない日に岩本選手の
    引退記念デーを設けて、気持ちよく次のステージへ送り出したい気持ちです。
    リーグ優勝、アジア制覇の胴上げは、引退後でもいいはずです。

    長くなりましたが、まずは全日本選手権で日本一になれるよう、
    現有戦力であらゆるチャレンジをしては、ミラクル浦安で、
    いつかのCSテレビ朝日中継が叶った、決勝の大阪戦での鳥丸選手のゴール以降の
    連日のミラクルによるスタミナ切れ的な敗戦を回避しつつ、PKでいいから日本一を
    目指してほしいです。たとえ、結果はでなくても、来年の選手の組み替えや
    主力残留、有望選手や優勝に飢える代表選手や外国籍選手、指導者とて、
    10年目なら可能なこともあるはず。
    まずは、おそらく幼少から負けず嫌いと予想され、
    その後あらゆる努力と辛抱で、落ち着いたキャラと同居させたうえで、
    フットサル界の顔を守ってきたとみている、
    華麗なドリブルにかけては他の追随を許さない
    千葉・浦安一筋にして日本フットサル界の元祖プリンスにして至宝の
    岩本昌樹選手のラストダンスを最後の最後まで楽しみ、笑顔で送り出せるよう、
    応援することにします。

    やっぱり長文・駄文失礼しました。
    今日はここまでにします。今後も頑張ってください!

  • にっしー 2018-02-23 20:15:43

    あとがきと訂正:賀川選手ではなく、セレッソやドルトムント、そして日本人の夢だったマンチェスター・ユナイテッド入りを実現した先駆者、香川選手です。つい考えてしまうかつての野球選手ではなく、日本サッカーの名選手はおそらく初のドリブラー出身日本代表10番とみています。幼少は確か東北のバルセロナ的な名前のサッカー人生をスタートしましたが、いまやスペインのレアルやバルセロナで10代をスタートする選手もいるくらい。10年後、20年後はまさに17歳日本代表の新生と呼ばれるC.ロナウド的な
    日本人スター選手が出るよう、勉強も仕事もサッカーも継続してDNAを引き継ぐ形を作っては、
    サッカーとフットサルを行き来できるような形を確立させていきたいです。
    そんな目標をもって、なんとなくではありますが、今後も応援を続けようと考えています。
    来年の開幕が待ちきれないような、全日本選手権になるよう、チームの皆様はもちろん、
    市やスポンサー、関係者、何よりもどこよりも多い、情熱の赤のサポーターの応援により、
    バルドラール浦安が”天高く昇る飛龍”になって、浦安や日本、将来的には海外を
    魅了しては元気にできるよう、今日でも、明日からでもご支援よろしくお願いします。

    冒頭の記事で、「ナイス丸!」と書きそびれた一人のライター兼サポーターより

コメント

特典

※お支払いはクレジットカード、銀行振込での現金支払いになります。

※お支払いはクレジットカード、銀行振込での現金支払いになります。