HOME » 【特別企画/『太郎の部屋』】第一回ゲスト:岩本昌樹選手&長坂拓海選手

【特別企画/『太郎の部屋』】第一回ゲスト:岩本昌樹選手&長坂拓海選手

ファンサポーターの皆さんこんにちは、荒牧太郎です。今日から始まるマリネロサイトの新企画『太郎の部屋』!! バルドラール浦安に関わる、たくさんの人たちにいろいろな話を聞いていこうと思います。インタビュアー荒牧太郎の活躍にもご期待ください!

記念すべき一回目のゲストは「もっさん」岩本昌樹選手とルーキー長坂拓海選手。ともに浦安市にある明海大学OBの二人の登場です。ベテランとルーキー、二人のフットサルへの想いや“浦安愛”を聞きました。

(構成/下田朝陽 バルドラールライター)

大学時代~フットサル始めたきっかけ


荒牧:もっさんはいつからフットサルを始めたのですか?

岩本:大学を卒業してから1年間関東リーグでサッカーをやっていて、なのでフットサルを始めたのは社会人2年目。サッカーをやっている時から、岡ちゃん(岡山孝介=現ペスカドーラ町田監督)とフットサルすることがあって、遊びというか最初はサッカーのトレーニングの一環として参加していたくらいで。その後、知人がそのフットサルチームを抜けて、『一緒にチーム作ろうよ』と電話がかかってきて、それで出来たのがプレデター(バルドラール浦安の前身チーム)。明海大の先輩だったり、仲の良い人を集めて作ったのが最初だね。

荒牧:それが今やバルドラール浦安ですもんね。

岩本:その知人と塩谷社長が知り合いで。その時から大会のエントリーとか手続きとかを塩谷さんにやってもらっていて。だけど塩谷さんも当時は試合に出ていて、体が大きいんで結構シュートとかも強いんだよね。3点差ついたら『そろそろ行こうかな』とか言って試合に出てくる、みたいな(笑)。

荒牧:拓海は明海大にスポーツ推薦で入学したの?

長坂:そうです。それで4年間サッカー部でプレーしていて、でもフットサルをやってみたい気持ちも当時からありました。

荒牧:ずっと浦安に入りたかった?

長坂:高校を卒業した後、大学に入学するか浦安に入るかで悩んでいました。結局大学に進んだのですが、4年生になった去年の夏にセグンドの練習に参加する機会もあったり、ホームゲームを見に行ったりはしていました。

荒牧:でも一回柏(柏TOR'82/現TORUELA柏)を挟んで浦安に加入したのは何か理由があって?

長坂:柏のキャプテンの選手が明海大の先輩なんですよ。僕がフットサルをやりたいことを知っていて、『浦安行く前にどう?』と声をかけていただいて、柏は関東1部に所属しているチームでしたし、フットサルを始めるに当たって良い環境だと思ったので柏を選択しました。11月から3月くらいまでの短い期間だったのですが、すごくお世話になりました。

荒牧:それからもう一回浦安に行こうってなったと。何かきっかけは?

長坂:実は柏に在籍しているときから『浦安に行く』と言っていて、それを理解してもらっていたんです。なのでそのまま移籍という形になりました。

荒牧:じゃあ拓海はこの体育館で試合を観ていた選手たちと一緒にプレーしているわけだ。

長坂:そうです。僕が一方的に全員知っていて、向こうには知られていない状況でした(笑)。『なんでここでやってるんだろ』みたいな不思議な気持ちもあって。セグンド時代にプリメーロと練習試合をした時も、初めて練習参加した時も本当にガチガチでした。

荒牧:それが今やチームメイトだもんな。ゴールも決めているし。

長坂:正直、まだ信じられない気持ちもあります(笑)。最初は遠慮というか、何をして良いか分からない感じでした。(小澤)拓真とか丸(絋生)がいたので少しは心に余裕がありましたが、年上の選手ばかりなので、2人組のメニューとかは、今でも緊張します(笑)。練習の疲れもすごくて、サッカーとは疲れ方も違ったので『次の日のバイトどうしようかな…』とか考えていました。

荒牧:それは行けよ(笑)。

岩本:気遣いすぎだろ(笑)。

健太郎の存在は刺激になりますね(長坂拓海)


荒牧:2人とも大学を卒業してからフットサルを始めたわけですね。じゃあ大学4年間は何をやっていたんですか?

岩本:え?どういうこと?(笑)

荒牧:ちゃんと勉強していたのですか?(笑)

岩本:そりゃあ…してたよ(笑)。

荒牧:ちなみに学部は何?

岩本:経済学部(一同:爆笑)一番当たり障りのないやつだね。経済学をちゃんと学んでいたよ。

長坂:僕も経済学部でした。明海大は学部も結構色々あって、不動産、外国語、あとはホスピタリティ系の学部もあります。

荒牧:ということは、2人は学部とサッカー部の両方で先輩後輩に当たるんですね。明海大のサッカー部は千葉県リーグですか?

岩本:そうだね。俺の時は千葉のサッカーは明海か国際武道って感じだったな。

長坂:今では国際武道、中央学院、城西国際、明海が上位を争っている感じです。

荒牧:当時のサッカー部の友達は試合を見に来たりするの?

長坂:結構地元に帰ってしまったりしていて、あまり会えていないですね。仲の良い友人とはご飯に行ったりはしています。関東の高校出身の人もいますが大多数は地方から出てきていて、卒業と同時に帰ってしまう人が多いので、同じ代の仲間で浦安に残って選手をやっているのは僕だけです。

岩本:そうなんだ。俺の時も全国優勝した選手とかが来ていたけど、半分くらいは関東圏内から来ていたと思うよ。

荒牧:ちなみにサッカー部以外に友達は?自分は大学時代にそういう友達はほとんど出来なかったんだけど(笑)。というのも、キャンパスと練習場所が違くて。もう3限終わったらすぐに練習に行くような感じで。

長坂:1人か2人しかいなかったです。クラスが同じ人で、テスト前にちょっと情報をもらったりという感じです(笑)。明海大は留学生も結構多くて、クラスの半分がそうだったりします。

岩本:いたいた(笑)。すごい仲が良かった友達は(日本語)ペラペラだったけどね。

長坂:僕はまだ後輩が大学にいるので、サッカー部の後輩がたまに浦安の体育館に試合を見に来てくれることもあります。明海には同じ帝京長岡出身の(石田)健太郎の先輩もいたりするので、そういった繋がりでも観に来てもらっています。健太郎は3つ離れているのでちょうど入れ替わりの代なのですが、中学も高校もチームが同じなので、健太郎がいるのは刺激になります。

荒牧:地元に帰って活動とかもしたりしている?

長坂:帝京長岡高校の下に長岡JYSCというチームがあるのですが、地元に帰ったらまずそこに行きます。高校の練習にも行きますし、健太郎とかOBの先輩と一緒にフットサルもしたりします。文化祭では亮さん(佐藤亮=現シュライカー大阪)と僕と健太郎のユニフォームも飾っていただきました。健太郎は『代表のでいいかな』とか言っていましたけどね(笑)。

荒牧:あいつ、調子に乗ってるな(笑)。

拓海は俺らの時とは違う視点で頑張った方が良いと思う。時代も環境も変わってきているから(岩本昌樹)

荒牧:もっさんは拓海に対して、今後期待していることはありますか?

岩本:浦安市にゆかりのある選手って今は少ないからね。そういう意味では期待しています。

荒牧:今の若い選手を見ていると、もっさんの当時と比べてやっぱりフットサル界も変わってきていますか?

岩本:俺らの時はまず環境がなかったから、同じ世代の選手たちは『フットサルの環境が良くなるように』というのを目標にやっていて、その中でFリーグが始まっていったんだよね。今の若い選手にはFリーグという舞台があるわけだけど、自分の中に『Fリーグは俺たちが作ってきたんだぞ』みたいな気持ちはないかな。

荒牧:でも、もっさんみたいなマインドの選手は少ないですよね。

岩本:サッカーでもそうだけど、日本リーグ時代の話を今のJリーガーに言っても分からないじゃん。だから俺らの時とは違う視点で頑張った方が良いと思う。今はFリーグがあるから、どうやって上り詰めるかだとか、どんな風になっていきたいというのは、時代も環境も変わってきているから、同じ感覚で教えても違うかなというのはあるね。

荒牧:今の小中学生は最初から『Fリーガーになりたい』って言えますからね。そういう中で拓海は今後のビジョンとかはあるの?

長坂:何歳までやれるかはまだ想像できないですが、今はチーム内でコンスタントに出場するというのが、一つ上の目標としてあります。大きなものとしては、代表にも選ばれるような選手になりたいと思っています。

荒牧:コンスタントに出場するという中で、課題だと思っている部分は?

長坂:まだまだフットサルに対して知らないことが多いです。練習していても動きが分からない時があるので、周りに言われなくても自分でできるようにならないと追いつけないなと思っています。やった事をしっかり理解した上で次の日の練習に臨んだり、そういったことが大切だと思っています。

荒牧:それは時間が解決する部分もあるんですかね?

岩本:サッカーとは全然違うし、ある程度経験がモノを言うスポーツではあるよね。でもその辺りも、俺らの世代とは違うなって思う部分もあるのよ。昔は指導者もあまりいなかったから、海外に行ったりして自分たちで勉強することが多かったし、太郎とかもそうやって来たと思うんだけど。今は自分で考えて解決するようにしていかないと、周りに教え込まれて作られてしまうというか、若い選手が自分の感覚ではない所でプレーしているのはすごく感じる。

荒牧:なるほど。どこかやらされている感というかね。

岩本:健介(高橋監督)が細かく言ってくれる中でも、『ここはこうだ』とか『これはこっちでしょ』みたいに自分の中で消化することが大切だと思う。考えながらやれている選手って、言われていることが自然と自分の感覚に落とし込めているし、できるようになっていくからね。今の若い選手って括りは好きじゃないんだけど。

荒牧:確かに、もっさんは『若い選手は~』みたいな括りでの発言はしないですよね。

長坂:聞いたことないですね。というかいつも僕らと同じ目線で話してくれますよね。

荒牧:ところでバルドラール浦安に明海大出身の選手って、2人の間にはいたんですか?

岩本:いや、いないんじゃないかな…。下部組織にいたことはあったけど。

荒牧:じゃあ本当15年ぶりとかですか。それはもっさん的にも嬉しい?

岩本:もちろん嬉しいよ。元々明海のサッカー部を中心に作ったチームですし、浦安だけじゃなくて千葉にゆかりのある選手も少なかったからね。拓海がセグンドにいる時から、明海の選手が来ていることは分かっていたよ。

荒牧:せっかくなんで、なんか2人でパフォーマンスやるとかどうですか?(笑)。

岩本:ゴールしたら明海のMみたいな?(笑)。でもどちらかがアシストして、もう片方がゴールみたいなのはやりたいよね。

長坂:それ最高ですね。Mのポーズは微妙ですけど…(笑)

荒牧:二人の競演、見たい!ぜひ残りの試合で達成して欲しいです。今日はありがとうございました。


※岩本昌樹選手と長坂拓海選手は11月4日(土)に行われる、母校明海大学の学園祭に参加いたします。
詳しくは
http://bardral-urayasu.com/news/news-5404/
をご覧ください。

コメント

特典

※お支払いはクレジットカード、銀行振込での現金支払いになります。

※お支払いはクレジットカード、銀行振込での現金支払いになります。